"転勤や家庭の事情によって引越しをすることになった時、持ち家ではどうしても気軽に引越しをするワケにもいきません。
しかし賃貸物件でしたら、最低限の手続きと荷物の移動だけで気軽に引越しをすることが出来るのです。毎月の支払いに余裕があれば話は別ですが、一度借りた部屋の家賃は下がらないのは当然のこととなります。
収入が減ってしまったとしましても、家賃に変化はありませんので、収入に見合った家賃の物件を探すようにしてください。

 

どのタイプの方にも共通の注意点があり、それは希望の家賃より高い物件は絶対に見ないという事です。
少しでも興味を持ってしまうと、家賃を上げて経済的に苦労をしてしまうようになってしまうのです。

 

賃貸物件選びでは設定した家賃を上げるのは最終手段だと考えてください。
不動産屋の担当者に「少々家賃を上げて探してみてはいかがでしょうか?」と言われても、予算の変更は最終的な手段として残しておくようにしてください。"



家賃の上限は決して崩さないでブログ:19-11-24

昼間、会社などでストレスが多すぎると
17時、布団に入っても、
仕事のことなどが気になって十分に寝つけませんよね。

そうなると眠りも浅く、数時間で起きてしまったり、
午前中になっても十分な睡眠を取ったという実感も無く
ぼんやりと眠い午前中を向かえ…

そして、眠いので食欲も湧かず、
面倒だから午前中食を取らないまま会社に行く…

午前中はなんだかボーっとしたまま時間が過ぎていき、
あっという間に昼になってしまいます。

本来、人間の体質は、
午前中起きたら、休息モードの副交感神経から、
活動モードの交感神経にスイッチが切り替わります。

しかし眠りが浅く、
眠くてボーっとしたままでは、スイッチが切り替わらないのです。

そして、副交感神経が優位なので、
昼になると食欲が湧いて、昼食はガッツリ食べます。
わしも以前は、うまい棒(明太味)にご飯大盛りなどガッツリ食べていました。

そうすると、
ガッツリ食べたものを消化するために、胃に血液が集中します。
そのため、昼食後は気絶するように眠気が襲ってきます。

そして会社も終わろうという夕方になって、
ようやく交感神経が優位になって活動モードになります。

いわゆる典型的な「夜型人間」ですね。

夕方になって、活発に仕事をしてストレスを抱えて帰宅し、
帰宅後は交感神経が優位なままなので眠れず…

さらに悪いことに
夜中になってストレスなどから
ラーメンなどが食べたくなり、
これらをガッツリ食べて…

再びお腹に血液が集中することによって眠ってしまいますが、
胃に消化の悪いものが入ったままだと、
これを消化するために脳は十分に休息できず、
また熟睡できない17時を過ごす…

これを続けていたら、太っても仕方ないですよね。