"これから賃貸探しをしようと思っているのでしたら、とにかく信頼出来る不動産屋を探しましょう。
自分のことだと思って一緒に物件探しをしてくれる不動産屋を探し、後悔しない物件に引越しをするようにしましょう。入居者から2ヶ月分の礼金をもらったとしたら、1ヶ月分を不動産屋に支払うのが一般的となっています。
つまり礼金という名の紹介料を契約者である貴方が不動産屋に支払っているのです。

 

礼金とは、戦後の焼け野原で居住するところの無い人達が「大家さん、貸してくれてありがとう」という、お礼の意味で始まりました。
関東を中心として全国的に広まってきましたが、これは昔からの習慣として今でも残っているものなのです。

 

礼金の一部は大家さんが不動産屋に支払う言わば紹介料に充てています。
大家さんが自腹で紹介料を不動産屋に支払うケースは稀で、基本的にはこの礼金から支払われるワケです。"



今でも残る礼金の使われ方ブログ:20-1-18

みなさまは、腹筋体操をすると、
お腹周りの脂肪がなくなって、
お腹がへこむと思っていませんか?

実は、それは大きな勘違いなんです。

腹筋体操を毎日続けていると、腹筋がつくので、
確かにお腹が引き締まったように見えます。

しかし、
引き締まって見えるのは、あくまで腹筋がついたからであって、
気になる皮下脂肪は、
残念ながらそのまま皮下脂肪としてお腹に残っているのです。

お腹周りに限らず「脂肪」というものは、
筋肉を動かすためではなく、エネルギーを溜めておくために存在しています。ですから、腹筋を使ったからと言って、
その周りを覆っている脂肪も一緒に使っているわけではありません。

また、腹筋体操は、
脂肪を燃焼させるための体操でもないんですよね。

脂肪燃焼に効果がある体操と言えば有酸素体操ですが、
腹筋体操は、この有酸素体操には属しません。

腹筋体操のようなすぐに終わってしまう体操では、
脂肪ではなく筋肉に蓄えられている
炭水化物やグリコーゲンが使われてしまうのです。

「じゃあ、がんばって腹筋体操しても意味がないんだ…」
と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

腹筋が衰えてくると、
内臓の重みでお腹がぽっこりと出っ張ってきますし、
ギックリ腰などの腰痛の原因にもなります。

しかし、腹筋をつければこれらを防ぐことができますし、
引き締まった美しい身体を手に入れることもできます。

また人間の身体は、
常に動かしているところには脂肪がつきにくいようにできています。
ですから、きちんと腹筋体操を続けていれば、
お腹の周りに皮下脂肪はつきにくくるのです。