"地方に行けば行くほど賃貸物件の数が少ないと感じますが、実際には今は数多くの賃貸が地方にもあるのです。
さすがに都心部ほどの量ではありませんが、案外掘り出し物の物件に住むことが出来るケースが多いです。最近のマンションは防音はしっかりしているけど携帯電話の電波が入らないということが多くなっています。
アパートでも立地条件によりましては、届きにくい部屋も確かにあるので、しっかりと契約前に確認をしてください。

 

一人暮らしの多くの方が現在は自宅電話を引くことなく携帯電話だけを使用している傾向にあります。
防音設備が整っている現在のマンションの場合には、全く電波が入らないこともあるようですのでご注意ください。

 

携帯電話の電波が届かないと急な連絡に対応出来ないということで引越しを、検討しなければいけない状況になりかねません。
現地調査で部屋の様子や外見を調査するだけではなく、携帯電話の電波状況もきちんとチェックしておきましょう。"



携帯電話の電波が届かないマンションブログ:20-3-23

さつまいもって、
何となく太る印象の方が強かったんですが、
減量にはもってこいなんですよね!

昔から
さつまいもは食物繊維の塊なので、
便秘解消に効果的と言われてきました。

子どもの頃には、
「さつまいもを食べるとオナラが出る」
なんて我慢した方も多いかもしれませんが…

食物繊維が多いというだけでも、
減量に向いている食材なんです。

それに、さつまいもって
実はそんなにカロリーが高くないんですよね。
ご飯よりもカロリーが低いくらいなんです。

一般的なさつまいも減量の方法は、
一日三食の中の一食の主食を、
蒸かしたさつまいもにするというものです。

つまり、一日一食だけ、
ご飯やパンの代替食品として、
さつまいもを食べるということになります。

さつまいもの調理法は焼いても蒸してもいいのです。
でも、蒸した方が適度な水分を保てるので
減量には良いと思います。

また、皮も一緒に食べると
一層、減量効果が期待できますよ。

連日一人分だけさつまいもを蒸すのが面倒なら、
まとめて蒸して冷凍して、食べる時にレンジで温めてもいいですね。
それに、濡らしたペーパータオルを巻いて、
その上からラップで包んで、チンしても
蒸かしさつまいもを作ることができますよ。

どうしても間食が我慢できないという方は、
おかしの代わりに、蒸かしさつまいもを食べるのもオススメです。

おかしやケーキよりは、
さつまいもの方が、断然低カロリーで食物繊維や栄養がとれます。
少量でも腹が満足しますので、食べ過ぎも防いでくれますよ!