"賃貸には各地域毎に相場が存在していますが、雑誌やインターネットなどで公開されている相場が正しいとは限りません。
確かに参考にはなると思いますが、実際に不動産屋に言って相場を確認してみることが大切です。貴方が自分の希望をそのまま伝えることで、担当の営業の人はなるべくその希望に近いものを探してくれます。
あまりにも条件が適当ですと、後になって後悔をしてしまうことになるので、しっかりと条件は伝えるようにしてください。

 

不動産屋に入ると席に案内され、担当の営業の人が来て条件を聞いてきてくれます。
貴方の条件が完全に決まっているのでしたら問題ありませんが、伝え方によっては良い物件を探してもらうことが出来なくなってしまいます。

 

不動産屋では普通に条件を伝えれば良いと多くの方が思っているかと思います。
ただ単に条件を淡々と伝えるのではなく、どのような物件が理想なのかを広く伝えると良いでしょう。"



不動産屋では自分の希望をそのまま伝えようブログ:19-10-21

焼肉屋さんでは
「ついつい多く注文してしまう」
「肉をつまみながら、お酒を飲みすぎてしまう」
「ライスが進んでしまう」
「しめにビビンバやクッパなどライスものを食べてしまう」
「スイーツにアイスクリームを食べてしまう」

…ということで、
減量中は困ってしまいますよね。

お肉以外の
野菜料理や魚介類などを上手に選んで食べれば
減量中でも怖くないんですよ!

まず、キムチ、カクテキなどの発酵食品は代謝を促進します。
またキムチに含まれる唐辛子は脂肪燃焼効果が期待できるので、
お肉の前に必ず食べましょう。

そして、
野菜焼きやナムル、野菜スティックなどで野菜不足を補いましょう。
またイカやホタテ、タコは肉類より低カロリーです。
噛み応えもあるので満腹感もアップしますよ。

また、スープも必ず注文しましょう。
海草や野菜がとれる、体質を温める、ウエストを膨らませる…など
汁物にはメリットがいっぱい。
お酒の飲みすぎも予防できて一石二鳥です。

焼肉と言えばビールですが、
お酒類は感覚を麻痺させ、食べすぎをセーブできなくなるので危険!
ジュースなどのソフトドリンクも意外とカロリーが高いので、
ノンカロリーのウーロン茶や緑茶がおすすめです。

肉ばかり食べていると、物足りなさから、
ウエストいっぱいでもビビンバ、クッパ、冷麺などの
炭水化物メニューを注文してしまいがち…
ライスものは肉と同時進行で食べましょう。

最後のアイスクリームは魅力的ですが、確実にカロリーオーバー!
口直しのガムに留めましょう。

ついついたくさん食べてしまう焼肉屋さんでの食事も、
食べ方を考えて注文すれば、
減量中でも安心ですよ!